2016/09/23

遺伝子の勉強

理科の授業で、遺伝子について学習しました。



なぜ、あなたの目は青いの?
なぜ、あなたの髪は黒いの?

こんなふうに聞かれたら「遺伝だから」なんてみなさんは答えますね。


なぜ、あなたは笑い上戸なの?
なぜ、あなたは社交的なの?

と聞かれてもきっと「遺伝だから」なんて答えるのではないでしょうか?


何となく使っている「遺伝」とか「遺伝子」という言葉。
でも、実際には、どんなものなのでしょうか?



はじめに動画を使って、「遺伝子とは何なのか」を学習しました。


遺伝子というのは……、
「私たちの全身の細胞の中にある、核を作っている染色体を構成するDNAの、配列の一部に書き込まれている情報」
なのだそうです。

DNAは髪の毛の40000分の1ほどの太さで、一つの細胞の核に46本、計2mほど入っているんだそうです。

ビックリするほど細くて長いんですね~!

このDNAの中に記録されている遺伝情報は全部で約20億対、百科事典700冊分にもなるんだそうです。それがたった一つの細胞の、しかも核の中に収まっているんですね……。

驚きです。



そんな小さな小さなDNAなのですが、塵も積もれば山となる、たくさん集めれば目で見ることができます。

動画の後で、オレンジジュースとブロッコリーを使って、DNAを取り出す実験をしてみました。二つの違うものから、同じDNAは取り出せるのでしょうか?


ブロッコリーは台所洗剤と水を加えてからミキサーにかけた後、塩化ナトリウムを加えてからろ過します。



オレンジジュースはここまで済んだ状態で売られています(もちろん、洗剤などは使っていません)。

最後に、それぞれに無水エタノールを静かに注いで、30分ほど放置します。
すると……。



どちらからも、白い綿くずのようなモヤッとしたものが浮いてきます。
これはタンパク質のかたまりで、この中にDNAがいっぱい含まれています。

ということは、オレンジにもブロッコリーにも、遺伝子を乗せたDNAが含まれている、ということですね。

もちろん植物だけでなく、動物の細胞の中にもDNAは含まれているので、同じ実験をすれば同じようにDNAを抽出することができます。



全く見た目や性質(形質)が違う生物同士でも、設計図は同じ紙に書かれていると思うと、
とても不思議ですね……♪

2016/09/20

選挙について勉強しよう!

越谷市選挙管理委員会の方に来て頂いて、選挙について勉強しました。




選挙権が18歳になりましたが、新越谷校ではまだ選挙に行ったことがある生徒はいません。
でも、次の選挙では投票できるようになるかもしれない生徒が数人……。




プロジェクターも教室に配備され、いつになく真剣に動画を観ています。



動画を観た後は、お持ちいただいた資料を使って、選挙制度や投票の仕方などを勉強しました。
数年前、越谷市や近隣の市議選挙で、たった数票差で当選・落選が決まるような選挙があった事を聞いてビックリ!






実際に模擬選挙で投票してみます。
この投票箱、実際に選挙で使われているホンモノです!
投票用紙も、投票用紙専用のもので、しっかりたたんでも箱の中で開くんだそうです。
(投票用紙は模擬選挙用の教材)



今日の授業をとおして、「政治に関わること」がより身近なことになってのではないでしょうか?
投票は参政権の第一歩。動画に出てきたみたいに『私一人が投票してもしなくても同じだから』なんて言わずに、ぜひ投票場所に行ってみましょうね!

2016/09/02

2学期が始まりました!

いっぱい遊んだ、バイトした、勉強した、それぞれの夏休みが終わり、2学期が始まりました。
2学期は秋風祭にディズニーに……、楽しいことがたくさんあります♪



2学期最初の授業は体育。
近くにあるミニゴルフ場にみんなで行きました!

ミニゴルフ、というスポーツはまだマイナーで、あまり知られていませんが、世界大会もあるような競技で、世界中に愛好家がいるんだとか。

普通のゴルフと同じで18ホール。
でも、各ホールには……

こんなのや……


こんなのがいっぱいあって、かなり面白いコースになっています。

単に力で押し切ろうとしてもダメ。
かといって力が足りなくてもダメ。

「筋肉よりも頭を使う競技なんですよ~」と、店員さん。

先生も18ホール回りましたが、どっちに打ったらカップに近づけるか、どこにバウンドさせたらいいかと、ずっと頭の使いっぱなしでした。

3ダメで「ループ」をクリア!

「コーン」のおかげでボールがまっすぐ進みません……

さぁ、このパターで決められるかな?

「ゲート」4枚抜きのスーパーショット?

入って……!

橋を越えないとカップにたどり着けません!

ナイスショッt……、あれっ?

入った……、かな?

全コース、2打でパー。ホールインワンを狙います。
18ホールでスコアが40を切ると、「上手い人」の仲間入りなんだとか。
とはいえ、そんなに簡単に行くもんでもない……。でも、とても楽しかったです♪

しばらく練習が必要ですね~ww。


プロゴルファーの方々が何メートルもあるパットを決めたりするとすごいなぁ、なんて思いますが、あれも、努力と練習の結晶なんだ、ということが分かった気がします。

2016/07/05

プラネタリウム!

校外学習で、スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」に行ってきました♪





受付を済ませると、辺りは青をベースにした幻想的な空間……。テンションが上がるのは先生だけでしょうか?








プラネタリウムの投影機。Σ(シグマ)シリーズという新しいタイプのものだそうで、LED光源の採用により、色調だけでなく、ランダムな瞬きなども再現されているんだとか。



観た番組はこちら。北海道は函館の夜景と星空を一度に眺めることができます♪
5人組ア・カペラグループ、ペンタトニックスによるBGMと、『おそ松さん』や『進撃の巨人』でおなじみの小野 大輔さんのナレーションで、とてもリラックスできます。



肝心のプラネタリウムの中身なのですが……。

とにかくキレイ!
一昔前のように星についての知識云々……、というのではなくて、単純にエンターテインメントとして楽しめました。プラネタリウムも日々進化しているんですね~♪
写真はありませんが、生徒のみなさんも、熱心に「星空」を見上げていました。

2016/07/01

看板

昨年も同じようなタイミングに同じことを書いたかもしれません。

国際高等学院 新越谷校はまだオープンしたばかりの校舎です。
なんと看板がありませんでした……汗。


美術のA先生にデザインしていただき、業者に発注していたカッティングシートがやっと到着!



新しい校舎は2階なので、業者さんに貼ってもらいましたが、これで保護者の皆さんや宅急便屋さんが迷わずに新越谷校に来られますね♪



郵便受けもエレベーターホールも、バッチリです!

まだまだ、足りないもの、至らないことがたくさんの新越谷校ですが、これから生徒の皆さんと一緒に成長していきます!

2016/06/24

掃除をしよう!

新校舎のピカピカな机、真っ白なホワイトボード……。

でも、このまま放っておけば、だんだん汚れて行きます。
特に生徒の皆さんが頑張って勉強すればするほど……。

ということで、みんなで授業後に掃除をすることになりました!


でも、考えてみたら、掃除機はあるけれど、ぞうきんがない。


せっかくだから、みんなで作ってみました!

意外に器用な生徒がいたり……。

男子も頑張ってみたり……。

糸が絡んで困ったり……。

せっかくなのでワンポイント入れてみたり……♪

普段なかなかやらない「裁縫」。
あらためて、自分でやってみるとミシンがあることのありがたさ、服を「買う」事ができるありがたさが身に沁みますね。


ぞうきんができたので、さっそく授業後に掃除をしました。
ジャンケンでそれぞれ分担を決めて……。

掃除機をかけたり、机を拭いたり、ゴミを捨てにいったり……。

掃除って、一人でやろうとすると時間がかかりますが、みんなでやれば10分で全部終わります。
チームワークの大切さが分かりますね♪

毎週きれいにして、いつまでも、ピカピカの教室を維持していきましょう!

2016/06/17

防災について考えよう

国際高等学院『新』越谷校です♪
越谷市赤山本町から、南越谷の新キャンパスに移転いたしました!



さっそく授業開始です♪

今週の授業は新キャンパスになったこともあり、「防災について考えよう」。


2011年の東日本大震災、今年4月の熊本地震、さらに、つい昨日も北海道で大きな地震と、
日本に住んでいる限り、地震はいつも意識しておかなければなりません。

いざ起こってしまった時に慌てなくて済むように、今回は、実際の「災害時避難マニュアル」を観ながら、自分たちがどうこうどうしたらいいか、考えてみました。

「災害時避難マニュアル」には、地震・火災・豪雨が発生した時の、「先生のとるべき行動」と「生徒のとるべき行動」が時系列でまとめられています。







いつもは和気あいあいな午後の授業ですが、今回は、自分や友達の「命」に関わる大切なこと。
いつになく真剣です!


「大きな施設にいた場合、地震の時は『入口ドアから遠い部屋から』、火災の時は『火元に近い部屋から』避難を始めることになってるんだけれど、なぜだろう?」

M先生に急に聞かれて一様に困ってしまった生徒たち……。
でも、「余震の可能性」「火災は火元から拡がっていく」ということを考えたとき、みんなの顔に納得の笑顔がこぼれました♪



先生の話を聞きながらプリントの空欄を埋めた後は、実際の「ハザードマップ(越谷市発行)」を使って、地盤の状態や水害の時の避難方向なども確認。

「あ、うちの辺り、利根川が氾濫したらヤバい!……汗」

「どこが良い悪いというのではなくて、そういうことが起こった時に困らないようにしておくのが大切!」



最後は、実際にサンシティまで歩いて行き、一時集合場所と一時避難場所を確認しました。
越谷コミュニティセンターは越谷市指定の避難場所。
普段なんとなく通り過ぎている場所でも、「ここが避難場所になる」と思っているだけで、気分が変わってきますね!



今日の勉強が、いざというときに役立つといいですね!
いざ、というときが起こらないのが一番ではあるのですが……。